アクアって最近の車のくせに、「ヘッドランプ」と「ストップランプ」以外は全部電球なんです。ドアミラーのターンシグナルランプまで徹底的に電球です。
トヨタはケチですねぇ、というか電球かLEDかでそんなにコスト変わるんでしょうか…

というわけで、主に白(透明)な部分の電球をLEDにしてみる事に。
↓中華LEDです。勿論香港の激安通販産で1個送料込みで3ドルとか、高いので6ドルです。
フォグランプは正直全く使わないので放置。
_IGP1697_s


中身の写真。左からー
番号灯用、マップランプ用、もしかしたらマップランプに収まるかも用、ラゲージランプ用、フロントクリアランスランプ用、として購入。
ラゲージ用とクリアランス用の違いは、クリアランス用に買ったのは両面にLEDが有るのに対して、ラゲージ用は片面だけで代わりに両極性です。
_IGP1701_s


想定外だったのがクリアランスランプ用。前を照らしても無意味なので横のみに光るヤツにしたのですが、縦に収まる予想が外れて横方向でLEDのぶつぶつが丸見えだぁぁぁぁぁあぁ
まあ、壊れるまではこのままで…
_IGP1756_s


マップランプは、案の定長いのは入らず(閉まるけど明らかに衝突してる)短い方に。これでも電球よりかなり明るいです。
これ、レンズ状になってる中心に来るわけじゃ無いんですね(無論電球でも同じ)
_IGP1752_s


ラゲージ、これも電球よりはかなり明るい。
_IGP1760_s

番号灯、と、マップランプに入らなかった長い方が使い道が無いのでテールクリアランスランプに入れてみました。
_IGP1748_s


ちなみに写真全部色温度統一してあるので、LEDの色合いの違いは本当の違いです。マップランプ用だけ突出して色温度高いですね。