V450D01のキャノピーが、墜落すると速攻で粉砕されるのが嫌い(買わないといけないという意味と、バッテリーの保護にならないという二重の意味から)で困っていたのですが、そういえば車ラジコンのボディーに網のような物を張って補強してあるのを見たことがあることを思いましました。

_IGP8571_s検索してもサッパリ解らなかったので車ラジコンをやっている人に聞いたところ、それは「シューグー」だと。検索したところ確かにその通り。
どうも元々は靴の修理用接着剤のようで、それをラジコン連中が使い始め、故にラジコン用が発売されたという経緯のようです。私が見た「網」は一緒に使うと良いという補強剤だった模様。

セントラル CR230B シューグー 価格  1258(円)
セントラル SR558補強ファイバーテープ 472(円)

じつはキャノピーはUSD7.0くらいなので、キャノピー自体の数倍高い計算に…。ただし、3〜4回分は十分にありそうです。


早速使ってみることに。網を張ってからシューグーを塗り込むようです。乾燥は24h~48hかかる模様。
←加工前    加工後→
_IGP8569_s_IGP8575_s


元々は23.92gだったのが、補強したら38.35gとかなりの重量増。ちなみに塗った直後は45g超えてましたが、乾いたら減りました。
グラスファイバー版のキャノピーは50gとかあるので、それに比べれば軽いですが… さて、本当に頑丈になったかは墜落までわかりません。