ホバリング時のピッチ調整を行います。
「調整しよう、その11 メインブレードピッチ調整」の時に放置していた部分です。

フライトモードノーマルで実際に飛ばして見て、スロットルスティックのちょうど真ん中でホバリングするようにピッチを調整します。

_IGP8030_sフライトモード: NORM
L = -3度
1 = *
2 = ちょうどホバリングする値に(ウチの個体は60%)
3 = *
H = +12度

この設定方法だとノーマルのホバリングの割には良く回ってる感じになると思います(スロットル50%なので)。気になる人はスロットルカーブもいじってください。私は気になりません、むしろノーマル時に回転低すぎて風に煽られてひっくり返って墜落した事あるので、これくらいじゃないと安心できません。


合わせて、エルロン、エレベータのトリムを調整します。可能な限り無風時にホバリングして、手を放して、傾いていく方と逆にトリムボタンを倒します。今までの調整の精度が出ていれば2コマ3コマの次元で平気のはずです。
_IGP8051_s


トリム1クリックの効果が大きすぎて気に入らない人は
STEP→現在のモデル→
にある数字(デフォルトは5)を下げると1トリムあたりの効果が減るので細かく設定出来るようになります。