ブレードのバランスの取り方です。
ただし、手抜きバージョンです。

純正は結構大丈夫だったような記憶があるのですが、既に折ったのでわかりません…
非純正で行きます。よくある325mmブレードで、純正より1cmほど短いです。335mmなんて売ってないし、あっても高いよ…
_IGP7970_s


まず、ブレード1枚毎の重心を見つけます。雑な私は1.5mm六角レンチに乗せて計ります、もっとちゃんとやりましょう。重さの釣り合うところにマジックで印を付けます。
_IGP7976_s


両方のブレードに印を付けたら印の位置を比較します。ここで位置がずれていたら他のページでちゃんとした方法を調べてください。木製だと結構ずれるらしいです。↓の7.99ドルカーボンブレードもなんだかずれてる気がしますが… 面倒なので気にしない事にします!
_IGP7978_s


ブレードバランサーに載せます。ホームセンターでM3の長めのボルト買ってたばこの箱に乗せても結果は同じです。傾きますね、流石安物。
_IGP7988_s


バランスが取れるようにシールを貼ります。専用品が売っているらしいですが、個人的にクラフト粘着テープ使ってます。ビニールテープは厚くて重いので却下。この梱包テープは軽くて粘着力が強いので、重さあたりの接着面積が稼げます。つまり飛行中にテープだけすっ飛んでいく現象が起きません。
_IGP7992_s


重さがあうテープが完成したら、貼り付けてます。
クラフト粘着テープですが、色も何色もあります。こうして見ると白買っておけば良かったかと後悔します…
_IGP7994_s



ここで終わったと思うあなた!!!!
ちゃんとテールブレードもやってください。こちらはM2です。
テールブレードの方がバランスが悪いあげく、草にぶつかる度にギュンギュンバランスが崩れます。
_IGP7998_s




オカモト カラークラフトテープ 224WC ピンク 1巻オカモト カラークラフトテープ 224WC ピンク 1巻
販売元:オカモト

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る