どうも、Barracuda(バラクーダ)信者の臼猫です。そんな私も一目置くのがRaptor(ラプター)なわけですが、フルモデルチェンジ? 大幅に仕様変更でかなりの高性能化するようです。ペットネームもRaptorからVelociRaptor(ええと、ベロシラプター?)に変更されるそうです。

 

外観上の大きな変更点は、なんと2.5インチ化(最近のサーバは容積と消費電力の関係で2.5インチHDDを好む傾向がある)されてます。そして、サイズを3.5インチに合わせるためにフィン状のマウントに乗っていること。物理的に2.5インチHDDをマウンタに載せてある構造のため、簡単に取り外して2.5インチHDDとして利用できるそうです。ただしサーバ用のためノートPCには全高的に入らないので注意。

12


 

 

容量は今までの倍である300GB、速度はWD曰く35%増しとの事。
PINUPS - 上田新聞からの引用ですが、詳細な性能は(括弧内が旧型)
- インターフェース:SATA 3.0GB/s (SATA 1.5GB/s)
- シークタイム (Read):4.2ms (4.7ms)
- シークタイム (Write):4.7ms (5.9ms)
- Raed IOPS(QD=1):134 (124)
- 転送速度:120MB/s (88MB/s)
- MTBF:1.4Mhrs (1.2Mhrs)
- バッファサイズ:16MB (16MB)


これは相当速いですよ!
お値段は予想USD300との事