液晶ディスプレイの欠点といえば一般的には色が、延滞が、残像が、ですが、私にとってはもう一つ大きな欠点があります。私ってキーボードを凄く奥に置いて打ちたい人なんですが、液晶ディスプレイの台座って結構手前まで伸びていてキーボードを奥に置けないんです。どれくらい奥に置きたいかといえばキーボード最上段の数字キーはディスプレイの影に入るくらいが好きなんです。

丸形特に私が使っているディスプレイは台座が丸形なので特に酷く、このようにキーボードが台座にぶつかってキーボードをかなり手前に置かざるをおえなくなってしまいます。

個人的には結構なストレスだし、解決方法はわかっていたんですが今まで踏みとどまっていました。


 

 

 

2ですが、ついにキーボードの自由を得ました!

(・∀・)イイ!!

このキーボードの自由具合最高ですよ!!


3というわけで7500円の激安モニタアーム買いました。液晶モニタって結構重くて、たとえば私のRDT261WHは標準の台座を抜いても8〜9kgあります。こんな物を安物で支えたらどうなるかは火を見るよりも明らかですが…。

モニタアームの真の存在意義は「モニタを自由に動かしたい」なんですが、私のように 直下に空間を作りたいだけ=事実上動かさない 場合は安物でもなんとかなるようです。

 


4やけに細くて頼りないアームですが、案の定傾いてます。ただ、傾いていても傾いているのを前提に調整する事により、画面は水平にできます。アームのメーカーのサイトには耐荷重15kgって書いてありますが15kgのディスプレイ付けたら絶対ヤバイと思います…

 

で、今まで買わなかったのに買った大きな理由。キーボードの自由の他に理由があるわけです。それは…


 

縦シューが大画面でできる!!!
5