tというわけで、TOMB RAIDER LEGEND購入しました。

ここでいきなり前置き。
実は私の「理解してくれる人が少ない自慢」の1つに「TOMB RAIDER 2をクリアした」というのがあったりします。

やった事がある人しかわからないんですが…
自慢になるほど難しいシリーズなんです。

1は途中で挫折、2は3ヶ月くらいかけてクリアした記憶があります。それ以降は購入していませんでした。

で、シリーズ7作目のLEGEND

 

12

ステージに東京が

予備知識無しでやってるのでちょとビックリ、背景に東京タワーが

 

 

34

遺跡とか、戦闘とか、基本的に昔の雰囲気のままです。

イイカンジ

 

 

56

 

 

 

 

で、肝心の難易度なんですが…、ビックリするくらい楽で拍子抜けしました。
操作がかなり自動化されていて…

1.「つかまるが自動」
私がやっていた頃は「つかまるボタン」があって押し続けないと問答無用で落下したんですが…段差があると自動でつかまります。

2.「助走距離が自動」
他ゲームでは信じられませんが、私がやっていた頃は助走距離は最重要項目で「ジャンプボタンを押した次の一歩で飛ぶ」もんだから普通のゲームみたいに足場に合わせてジャンプボタンを押すと、微妙に手前でジャンプして届かなかったり、次の一歩が足場の先になってそのまま落ちるなんて常識で、常に助走距離をバックステップで調整していたんですが…
普通のゲームみたいに足場に合わせてボタン押すと自動で足場すれすれで飛ぶようになってます。

3.「正しいルートしか道がない」
当時は… 手が届く、ジャンプが届く、場所は大量にあるのに先に進んで行くには1本のルートしかなく、結果的に「ただの広場に見えるのに実は最凶の迷路」だったんですが…
正しいルートしか手が届かない構造になっているのでスタート地点さえ見つければ簡単になってました。

4.「凶悪な罠がない」
当時は… デジタル時計のような正確なテンポで非常にヤヤコシイ、神のようなコントローラ捌きが要求される罠が常で終始そんな状態だったんですが…
簡単な罠だけになってます、雰囲気だけって感じ。

5.「体力を消費する正規ルートがない」
水中で息メーター使い果たしてのダメージ、高所からの落下ダメージ。そう、当時は「体力をも消費して抜ける水路や高所」があったのですが…
そういうの無くなってます。

6.「乗り物がない」
以前は、ステージに乗り物があって自由に移動手段として使えたんですが…
(そう聞くと聞こえはいいが、実際は完全に使いこなさないと抜けられない凶悪な道ばかりだったんだけd)
専用ステージで何度かバイクに乗るだけで、普段は乗り物無しです。

と、まあ上げれば切りがないんですが…
簡単に言えば、昔の雰囲気を残したまま普通のゲームになってました。

初代のTOMB RAIDERが雰囲気は好きだけどクリア出来なくて…
って人には激しくお勧め出来ます。

あとでタイムトライアルのムービーでもUPしますかね。