今更気がついたんですが、705NKはBluetoothでPCと同期できます。
デジカメ機能で撮った画像も家のPCに接近した瞬間に自動的に差分をPCに送り込めるので、意識しなくてもPCで編集できる状態になってます、ベンリー

マルチメディアなデバイスはPC中心に設計してあると何かと便利です。
日本の携帯は、自分自身が中心になろうとする傾向が強くて辛いです。

さて、問題の705NKのカメラですが色々と問題が
カメラ機能

操作は直感的でok
特に蓋開けるだけでカメラが起動するのは良いですね。(この部屋でこんな画像を左手で持って撮っても全然平気なK100Dの凄さを再認識、何の苦も無く普通にひょいっと撮れちゃいます。これISO1600なんですよ!!!!!!!!)

問題は…

1.晴天に弱い
晴天
なんだよこの色はwwwwwwwwwww

「開発者は部屋に閉じこもっているから晴天のホワイトバランスが調整できない」
って噂を信じたくなる事態です。

 

修正

 

←適当に修正
修正必須ですね

 

 

 

室内
で、晴天が苦手なカメラってのは室内得意なんです、マーフィーの法則みたいなもの。

←修正なしでバッチリ

 

 

ぴんた

←一般的な携帯カメラが悲惨な事になる我家の室内でも写ります。ISO400でコレなら上出来、携帯のカメラにしては。

 

 

2.AFAF
小型機はパンフォーカスが最高、と再認識できる絵が時々生産されます。おーい、AFどこ狙ってるのよーw

レリーズボタン半押しでAF始動、ピントが合うとデジカメな音がするのでボタン全押しで撮影なんですが油断するとこうなります。

コントラスト検出方式AFなので薄暗かったり、被写体のコントラストが低かったりすると悲惨
まあ一般的なコンパクトデジカメも似たような傾向ですが…

携帯カメラにもTTL位相差検出方式AFが採用される日とか来るんでしょうか…

カメラの機能自体は申し分なく、
撮影補助用ライトのAuto,ON,OFF,赤目防止
シーンモードAuto,ユーザー定義1,プリセット6
ISO感度Auto,High,Medium,Low
ホワイトバランス、露出補正、連写モード、カラートーン
と、そこら辺のコデジ並です。スマートフォンのカメラとは思えない。