発売前から注目していた広色域25.5インチWUXGA液晶の「RDT261WH」ですが、意味不明です、いい意味で。

DVI-DにHDCPな1080pのHDMI信号を入れるとアスペクト比維持かつDot by Dotで表示できるのはメーカーの公表どおり。

さらに同じくHDMIの1080iもきっちりI/P変換して表示されるんだとか!

 

まあ、ここまでは予想(公表どおり)の範囲なんですが(今までは上記すら駄目なディスプレイが大半だった)
なにが凄いって…

なんとD-Sub15ピンにコンポーネント信号を入れると写る、しかも綺麗に!

工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工

720pはDot by Dot
1080iはDot by Dotは不可だがI/P変換は問題ないとのこと
1080pは対応機器自体がアレなんで未検証らしい?

さらにトランスコーダ使えば480iや480pもokとの事

さあ、欲しくなってまいりました。

 

そもそも、なんでD-Sub15にコンポーネントの配線があるのかと思ったらプロジェクタで使われるんだそうです。
それにしても試してみる人が居ること自体ビックリ…

あと、誰かこの記事の専門用語不使用版を作ってください、おながいします。