Windows VISTA の日本語版β2が公開されたので早速インストールしてみました。

1


 

サイドバーが邪魔に感じないのはOSXの下部にあるバーに慣れているせいだろうか…

 

 

2


 

噂の性能表示画面
総合評価は4でした。

 

 

3

一番気に入ったのは、Aero機能によってデスクトップ全体がDirectXで描画されているという事、
したがってオーバーレイという概念が無いのです。

今まではオーバーレイ表示が原因でプリントスクリーンでは撮れなかった動画などもこの通り、もちろんオーバーレイ特有のウィンドウを動かしたときにガクガクする現象もAeroには無関係です。
もちろん、「他のヤツがオーバーレイ使っちゃってるから俺は表示できないYO」現象もなくなります。